発毛や育毛・薄毛、AGAなどで悩む人たちの発毛ポータルサイト

発毛育毛速報

育毛食材

【育毛発毛】男性が食べるべき髪が太くなる食物食材最強レシピ

投稿日:

育毛にとって薄毛は永遠の悩みの一つでありできるだけ良い状態にしたいと考える部分になります。
薄毛やコシの無い毛髪になるには様々な要因があり、10人いれば10人違うのが普通です。
AGAなどの治療の際には日常生活の見直しと食事療法アドも重要視されることが一般的であり、食事などでの症状の緩和は大きな部分であり、薄毛もちろんですが髪質の改善などを考える際には大事になってきます。

食生活の見直しや日常生活の見直しなどは毛髪はもちろんですが頭皮の状態、毛穴の状態に大きな変化を出します。

毛髪や頭皮を活性化しやすい食材を覚えるだけでも記憶に刻まれることになり、無意識に食事の改善を考えることにも繋がります。

食事は日常にあるものであり、特殊なことをせずに変えることのできる部分です。

髪が細い・薄毛と感じるときの原因

薄毛に感じる要因はいくつかあります。

皮脂の過剰分泌で皮脂が毛髪を重くしている
毛穴が皮脂や皮膚の欠片などでつまり、生えてくる毛髪が細くなっている
フケや皮脂などが過剰に出ている

紙が細いなどの原因は上記のいずれかになるか、複数が要因になることがあります。
頭皮の改善というシャンプーや育毛剤を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、同じくらいに食事も大事になります。

髪質の改善、頭皮の改善はワンセットであると考えるほうがいいかもしれません。

髪の毛が太くなる、コシがよくなるとは

髪の毛が太くなることは、抜けにくい髪質を作ることになります。
太い毛髪は毛根がしっかりとしており、外部からの刺激にも強くなり切れ毛なども起こりにくくなります。

髪の毛が細くなる原因の一つに、切れ毛などがありますが、これが最も起こりやすいのは男性の場合は睡眠中になります。

シャンプー後のドライヤーなどを行わずに寝ることで毛髪が簡単に着れてしまう条件などを作る原因にもなります。

なぜドライヤーが大事なのか

毛髪が最も丈夫な状態は乾いた状態になります。
自然乾燥などで塗れたまま就寝することで枕やシーツなどで毛髪がこすれてしまい切れ毛の原因になります。
これを防ぐには頭皮をしっかりと乾かす、その後に毛髪をしっかりと乾かす。になります。

ショートカットや坊主に近いスタイルならドライヤーは要らないと考える人もいるかもしれませんがこれは違います。

頭皮が濡れた状態での就寝は体温と枕の間で起きる蒸れにより、頭皮に雑菌を増やしやすくなります。
これは毛穴の炎症を起こすことに繋がり、毛髪を細くしてしまうことや、毛髪自体が生えてこなくなる原因になることも珍しくありません。

薄毛のケアの基本は、「しっかりあらう」「しっかりすすぐ」「しっかり乾かす」の3つが基本になります。

髪が太くなると見た目も変わる?

髪の毛が太くなることで見た目は大きく変わります。
毛量が増えて見えるので同じ本数であっても、若々しく見えることがメリットのひとつになります。

毛髪が太くなることでヘアスタイルやファッションなどの幅も変わってくることはもちろんですが、営業職などの場合は第一印象を大きく変えてくれます。

日常生活で気を付けるべきものはあるの?

12時前の就寝が望ましいですが、1時までには就寝しておくことで男性モルモンの過剰分泌などを抑えやすくなります。
男性ホルモンは過剰分泌することで薄毛はもちろんですがAGAの原因などに発展してしまうこともあり、分泌されるといわれる深夜3時~4時には体が熟睡していることが大事になります。

この時間に熟睡するには1時までの就寝がデッドラインになります。

また、熟睡しやすい体を作ることも大事です。
昨今では男性の冷え症も多く、カプサイシン配合の入浴剤(唐辛子系)などを使うことで発汗作用を高めることにも繋がります。
また、入浴などの時間が取れない場合は入浴剤を入れた少し熱めのお湯などをバケツになどにはって足湯などをおこなうことでも体質改善につながっていきます。

この冷えにくい体は食事療法などにも大事なものになってくるので、日常の見直しなどなどは睡眠、入浴などを中心にお財布にやさしい部分から始めることが継続率などを含めても大事になってきます。

男性が食べるべき髪の毛が太くなる食物ランキング5種

1…豆腐

豆腐をはじめ納豆やおみそ汁などは非常に大事な栄養素になります。
毛髪や頭皮に必要なイソフラボンの摂取はポイントが高いです。

2…青魚

コレステロールをさげる効果はもちろんですがビタミンB6などの摂取もできることなどがあげられます。
サンマなども青魚の区分には入るのでさばやイワシなどが苦手な人はサンマなどを食事にとりいれてもいいでしょう。

3…牡蠣、海苔

牡蠣と海苔は亜鉛の摂取に必要になります。
亜鉛は毛髪はもちろんですが体を構築する栄養素としても必須ですが、食事で摂取できる量などは意外と少なく、牡蠣などは日常的に摂取するのは難しいといえます。
亜鉛などは無理に食材からの摂取は考えずにサプリメントなどを利用するのがおすすめになります。
この際に毛髪用のサプリメントなどで亜鉛のものを選ぶ際には食事から摂取できない成分で毛髪に効果の高いノコギリヤシが配合されているものを選ぶことでより発毛等育毛の効果を期待することができます。
成人男性の亜鉛の必要摂取量は10mg程度になります。

http://cp.glico.jp/powerpro/citric-acid/entry75/
参考サイト グリコパワープロダクション

4…海藻

海藻は髪にいい。これは昔から言われていますがこの要因は海藻に含まれるヨウ素になります。
ヨウ素は毛髪の育成を促進する効果がありますが、海藻は大量に摂取できないのもネックになります。

海苔などは海藻を凝縮しているものになるので、わかめなどの水に戻して量の増えるものが苦手な場合は味付けのりなどを利用することで一日に必要なヨウ素をカバーしやすくなるのでお勧めの方法になります。

5…緑黄色野菜

野菜不足は現代人の課題になっていますが、緑黄色野菜は頭皮の改善に必須の成分であるビタミンAの摂取に繋がります。
また同じようにチーズなどもビタミンAの摂取が可能であり、できるだけ毎日とりたいものになります。
朝食などをカットする人などは、コンビニ等で野菜ジュースやスムージーを利用することで野菜不足のカバーはもちろんですがエネルギーの作りやすい体を作ることにも繋がり冷えにくい体や細胞の活性化にもつながっていきます。

髪の毛が太くなる最強料理(レシピ)5種

1…豚汁

豚汁は総合栄養食と言っても過言ではない食事です。
味噌で豆類の摂取、豚肉からはビタミン、根菜類は腸内環境の活性化など数えればきりがないほどむだのないものになります。
外食などでお味噌汁を豚汁に変えるだけでも効果を引き上げることに繋がります。
七味などを加えることでカプサイシンが豆の吸収率を上げてくれます。

2…チーズフォンデュ

一見するとあまり効果がなさそうに見えますが温野菜をチーズと一緒に獲ることができるので過剰摂取でなければ非常に効果が期待できます。
チーズフォンデュなども少量の黒コショウなどを利用することでカプサイシンの血行促進効果も期待できます。

3…焼き魚

焼き魚に大根おろしなどは毛髪はもちろんですが体に必要な栄養を摂取しやすくなります。
また、大根おろしは消化吸収をサポートしてくれるのはもちろんですが根菜類に入るのでゴボウなどが苦手な人にもおススメになります。
焼き魚はもちろんですが缶詰の魚の煮物やサバ缶なども同様の効果が期待できるので焼き魚を作る時間がないときはコンビニ等で真空パックのものを購入してもいいでしょう。

4…豆腐チゲ鍋

豆類、豚肉、カプサイシンをしっかりと摂取できるメニューになります。
お豆腐を味噌チゲで戴くことで豆類とカプサイシンの効果を相乗であげることにも繋がり、豚肉のビタミンを摂取ることも同時に可能になります。

5…ひじきと大豆の煮もの

ひじきは亜鉛やヨウ素、大豆はイソフラボンと育毛や薄毛ケアに必須の成分が配合されています。
最近ではスーパーのお総菜などはもちろんですがコンビニでパックでの販売なども一般的になってきており、押さえておきたいメニューのひとつになります。
外食などの際に和食などを選ぶことなども上記のメニューの多くをカバーすることができるので、バランスのいい食事はもちろんですがヘルシーで栄養価も高いという体に嬉しいメニューと言えます。

理想は旅館の朝ごはん

旅館やホテルの朝ごはんなどのメニューにおおいのが、海苔、焼き魚、玉子焼き、納豆、サラダ、ひじきなどになります。これらは育毛に大事な成分であり、頭皮の状態の改善にもつながっていきます。
頭皮に良いメニューの目安として覚えると良いかもしれません。

髪は太くなることもあるが全体量を増やすには薬剤がおすすめ

髪の毛をもっと短時間になんとかしたい!この場合は育毛剤やAGAの処方薬を利用していくことになります。
ですが、育毛剤などの効果を引き上げるには食事なども大事な部分であり日常生活の見直しもセットになってきます。
AGAのケアなどは上記のことなどをベースにしながら薬剤の効果を引き上げていくことを中心にしてあり、併用が一般であるといってもいいでしょう。

「いきなり投薬はちょっと怖い」という人は珍しくなりません。
その場合は「医薬品の育毛剤」を選びことで副作用が少ない状態での育毛、発毛の効果が期待できます。
育毛座右の効果は「医薬品>医薬部外品>化粧品」になり、医薬品の効果がもっと高くなります。
またこの際にも選ぶべきなのは「男性専用の育毛剤」になります。
これは効果がより強く出る成分が配合されていますが、育毛剤の種類によっては女性の使用が禁止されているものあるので、家族やパートナーのいる人はこの部分をしっかりと話し合う必要が出てきます。

AGAなどに私用する薬剤なども女性の使用禁止、乳幼児の接触不可等のものが多く、管理などの意識の共有が必要になってきます。

ですが、急に商法薬などを試すまえに日常生活や食事の見直し、育毛剤の上手な選び方などを行うだけでも頭皮などの状態は変わってきます。

育毛剤は最低1か月。できれば3ヶ月の使用が基本になり、AGAなどの処方薬になるプロペシアなどは6か月単位での使用になります。

一朝一夕での効果はいずれにしても難しいですが食事療法や睡眠、入浴の見直しなどを併用することで効果の引き上げにつながるといってもいいでしょう。

-育毛食材

Copyright© 発毛育毛速報 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.