発毛や育毛・薄毛、AGAなどで悩む人たちの発毛ポータルサイト

発毛育毛速報

育毛

育毛剤を使った100人に聞く育毛剤のメリットデメリット【100人アンケ】

投稿日:

育毛剤を実際に使った100人の声で多いのは育毛剤をもっと早く使えばよかったというものになります。

これは育毛効果はもちろんですが頭皮のケアとしても育毛剤は大きな存在であることがわかるからです。

このように使ってよかったという声が圧倒的であり、育毛剤にはメリットが多いことがわかります。

育毛剤のメリットは?

育毛剤のメリットは様々あります。

・育毛、発毛効果

・頭皮のコンディションの向上

・フケ、臭い、痒みなどの減少

・べたつきの改善

育毛剤を使用する前に頭皮に対して抱えていた悩みはこのような分布になります。

乾燥、フケ、臭いが多く、育毛剤を使用することでこれらが改善されているのも100人の本音からもわかります。

これらの悩みは美容面でもマイナス効果が大きく、特にフケと臭いは衛生面はもちろんですが仕事などを行う上でも周囲に対してのマイナス効果を生んでしまいます。

育毛剤は頭皮のコンディションを整えてくれますが最初に感じる効果に頭皮の乾燥が緩和した、というものがあります。

これは頭皮に育毛剤が水分をはじめヒアルロン酸やビタミンなども浸透させてくれるので古い頭皮や角質を除去しながら新しい頭皮に入れ替える作用を高めてくれます。

育毛剤は頭皮用の化粧水と考える人も多く、乾燥やフケに悩んでいるときは導入するのは大いにおすすめと言えます。

100人の口コミは実際にどうなのか?

100人の口コミで育毛剤を他の人に薦めたいかどうかはこのようになります。

相談された場合や親しい人に班勧めたいけれども、勧めたくないという人も若干います。

これは育毛や薄毛というものが男性にとってはデリケートな悩みの一つであり、なかなか踏み込むことができない部分であることに繋がります。

なぜ勧めたくないのか

勧めたくない人の中の意見で多いのは「人間関係のトラブルにつながる」というものです。

普段薄毛などを気にしていない人やネタとして薄毛を使っている人でも、いざ真剣にケアを勧めた際に激怒されたなどの話も少なくはなく、まだまだ育毛はデリケートな問題であると考えられます。

育毛剤を使用してのデメリット

デメリットがあるかないかに関してはほとんどの人がないと答えています。

では、育毛剤のココが厳しいというものは?になります。

100人からの育毛剤の不満はこのようになります。

金銭面での負担が大きく、毎日使うということが面倒という部分が育毛剤に対する不満の大部分であることがわかります。

一見すると全く違うものに見えますがこの二つは実は密接な物でもあります。

気軽に買える金額を選ぶ

育毛剤のネックは価格という人は少なくありません。

高額な物の方が栄養素なども多く配分されており効果が高いことが多いですが、育毛剤で大事なことは毎日の継続になります。

継続にとって大事なものは毎日少し多めに使ってもお財布に負担の少ないものになります。

毎日使うのが面倒という考えの根底には亡くなったときに購入する金額がネックになっている部分があり、さらに使用頻度が下がることで育毛剤の使用期限中に使い切れず、中身の成分の劣化などにつなげてしまうことなどがあります。

育毛剤を購入する際にはまずは3000~5000円前後のものを1本毎日使ってみること、1本を1~2か月で使い切ってみることが大事になります。

使い切った時点で頭皮の状態などに変化も出ていることがほとんどであり、二本目を使ってみよう、もう少し違う育毛剤を使ってみようという気持ちに繋がります。

継続を言う面を考えれば育毛剤をはじめて使う人ほど価格は手ごろな部分から始めることが大事になります。

実際にどれくらいで効果を感じたのか?

育毛剤を使用して、頭皮の状態や発毛効果に改善を感じた期間は個人によって違ってきます。

この図からもわかる様に1か月前後での効果の体験が多いようです。

2か月という人は最初の1か月間は育毛剤が頭皮のコンディションを整える働きに動いており、育毛や発毛にベストな状態まで改善してから効果が出てきたというものになります。

逆に1週間で発毛を感じたなどは医薬品でも特殊なものであり、少し考えてから使用したほうがいいかもしれません。

医薬品でも効果が出るのは3か月~6か月である

AGAなどで処方箋を使う処方薬を使用してもすぐに効果が出るわけではありません。

育毛や発毛に効果のあるプロペシアなどは基本的に半年間の服用がベースになります。

これは頭皮に対する発毛だけではなく、体毛への発毛効果があるからになり頭皮の前に他の部分の体毛などが濃くなることが多いからです。

頭皮への効果は3か月以降の事が多く、それまではクリニックと相談しながら服用していくことになります。

この子からも育毛剤が1週間や2週間で効果がすぐに出るというのは非常に考えにくい事と言ってもいいでしょう。

育毛剤にプラスしたケア方法は?

100人が育毛剤にプラスしたケア方法はこのような分布になります。

最も多いのが育毛サプリメントや育毛シャンプーなどのデイリーケアとして毎日使えるものであり、金銭的負担の少ないものになります。

ヘアサロンのヘッドマッサージなどは自分では落しきれない頭皮の汚れれを落すことや毛穴のクレンジングを行うことで自宅での育毛剤の浸透率をあげることにも繋がります。

取り入れやすいものは育毛サプリメントやシャンプー剤であり、より効果を引き上げたい時に参考にもなります。

サプリメントのメリット

サプリメントのメリットは育毛効果はもちろんですが総合的な栄養のカバーが可能な部分になります。

亜鉛などは体の機能を維持するのに必要な成分であり、ビタミンは肌や爪の再生に使用されます。

また乳酸菌などが配合されている場合には腸内環境の正常化にも繋がり、体質改善にも繋がります。

育毛サプリメントに乳酸菌サプリメントなどを一緒に摂取するのもおススメなのはこの腸内環境の改善になります。

腸内環境の改善は老廃物の排出はもちろんですが血液の流れをスムーズにしてくれるので古い細胞を排出しやすくなります。

食材からの栄養の摂取も効率よくできるようになり、薄毛の天敵である冷え症の改善にもつながります。

男性の冷え症は昨今で大きな問題になっており、薄毛に悩む男性の多くが冷え症であるというデータもあります。

サプリメントなどは栄養補給はもちろんですが、体質改善などにも繋がることが多く、体臭の軽減や疲れにくい体等を作りやすくしてくれるので育毛剤と一緒に足りない栄養を補給するのは総合的な美容や健康を考えてもおススメと言っていいでしょう。

まとめ

育毛剤のデメリットはほとんどなく、早い導入であれば効果はもちろんですが薄毛を広げない状態にも繋がっていきます。

育毛剤を使ってみたいけれども、悩んでいる人などは100人の本音からわかる様にデメリットはほとんどありません。

手軽に使いやすい価格帯のものから試してみることでむだのない育毛剤の使用にも繋がり、頭皮や毛髪のケアにも繋がります。

育毛剤は毎日使うことが基本です。ですが、1日や2日使い忘れても問題はありません。

多少忘れた日等があっても翌日からまた継続していけばよく、思い悩まないことの方が大事です。

ストレスは薄毛や抜け毛の原因に直結することがあります。

負担なくデイリーケアとして使えるようにするためにも、無理のない範囲の育毛剤を使用していくことが100人のアンケートからもわかります。

-育毛
-

Copyright© 発毛育毛速報 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.